スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸術の秋 音楽編 X Japan @ マディソンスクエアガーデン

Category : NY-音楽
秋です、秋です。
秋らしい天候に安定してきました。
暑い夏の後、寒い冬が来る前の短い秋。
何を楽しむにも良い季節。

音楽の秋、Madison Square GardenでのX JAPANのコンサートに行ってきました!
滞在4年目にして初めてのMadison Square Garden、生まれて初めてのX JAPAN。
IMG_2520.jpg

思い返せば小学生か中学生の頃テレビで初めて見た"紅"の衝撃、その後の"Endless Rain" "Forever Love" "Tears"などのバラード。当時の見た目だけでなく、どれも一度聴いたら忘れられない印象的なメロディー。
テレビを通してしかX JAPANの音楽を聴くことはなかったけど、その演奏をコンサートで聞けて良かった。

ボーカルToshiののびやかな声、ドラムとピアノで彼にしかできないだろう演奏を魅せるYoshiki。

超高速のドラムだったから、カメラが追い付かない(笑)
IMG_2537.jpg

"紅"でバーンと会場が真っ赤に。
IMG_2546.jpg

確かこれは"X"。 X ジャンプしてきましたー。
IMG_2547.jpg

Yoshikiのピアノ。しっとりとした演奏の後ドラムへ移動して。
IMG_2560.jpg

Yoshikiがドラムセットごとステージ花道を前へ移動。
IMG_2566.jpg

最後にYoshikiがバラの花束を持って花道を前へ進み、花を皆に投げるのかなぁと思った瞬間、まさかのダイブ!!
大丈夫か?!?!写真で撮れなかったけど、花道の先の客席の中にYoshikiがいます。
IMG_2581.jpg

しばらくして無事ステージに帰還。
IMG_2583.jpg

動くドラムセット、ピアノもステージから数メートルに上がったり、花火や炎の演出あり、
他にも光るリストバンドが音楽と連動して効果的に点滅したり光ったり。
IMG_2561.jpg
リストバンドは皆に配られ、その光に包まれてコンサートに来たみんなが一体になった感じ。

今回コンサートに行ってみてX JAPANに対してのイメージが変わりました。
メンバー自身も存分に楽しんでいそうだったのが何より印象的でした。
スポンサーサイト

FAT CAT

Category : NY-音楽
本日2つ目の記事投稿です。
雪で、しかも旦那くんは出かけているのでこんな時は記事として残せるものは残しておかないと。

昨日の夜はお出掛けしたのですが、寒かったなぁ。
昼間に外出した時はさほど寒くなかったのに、会社から一度家に帰ってきた旦那くんが「寒いからダウンジャケット着ていかないと」と言っていたから疑いつつもダウンジャケットを着て出かけたらちょうど良かった。
ほんとに寒かった!
そりゃそうだ。
今日は雪なんだもの…。


お出掛け先をまとめようと思っているものの追いつきません。。。
そこで昨日行ったFAT CAT JAZZ CLUBというライブハウスと遊技場(←古い?だけどこれ以外の表現は思いつきません)がくっついたような店に行ったので早速記事にしますね。

先週、旦那くんの会社の先輩夫婦に連れて行ってもらったお店のそばにあるこのお店。
意識していないと目立つお店じゃないので、わかりにくい。
というか、分かりやすい地図が見つけられなかったから迷ってしまった。
でも、もう迷うことはないと思う。

このお店、入るときに当然ID提示を求められます。
そこでチェックして、店内に入り入場料3ドルを払ったら手にスタンプと、紙でできたチケットを手に巻いてもらったら店内に。
8時前に到着した時点で、(遊技場と言ってしまった所以の)ビリヤード、卓球、チェスなどのテーブルは埋まりつつあったものの、バンドが入るであろうステージそばのソファはまだスペースがあった。
CIMG5795.jpg CIMG5794.jpg

店内を1周してから、カウンターでビールを買って、ステージから近いソファ席が空いていたのでそこに座った。
バックバンドの人たちが音の調整を始め、更に待つこと10分くらい、アフリカンアメリカンのおばちゃん、おばあちゃん達がノソノソとステージそばに着席。
で、バンドの形が整いおばちゃん1人がマイクをとった。
そのおばちゃんはステージ開始10分前くらいに杖をつきながらステージ近くに座ったおばちゃん。
てっきり出演者の友達かなと思っていた。

そのおばちゃんが少ししゃべると、音楽が始まった。
で、そのおばちゃんが歌いだした。
おばちゃん、歌うまい!
ブルースというジャンルだと思うけど、初めて生で聞いた。
もう、おばちゃんの体から出る声の迫力と言ったら、すごい!
本当に体全体から声が出ているかのよう。
歌詞はわからなくても、純粋に音楽を楽しめるのが良い。

そして私たちはそのボーカルのおばちゃんの近くの席に座っていたので、歌の途中で運良く?おばちゃんと何回か手をつないじゃいました。
こんなふれあいも楽しみの一つ。

そんなおばちゃんのバンド。真横からだったので写真があまり良くないですが…。
青白く写っているスーツを着ているのがボーカルのおばちゃん。ほんとは白いスーツです。
CIMG5780.jpg CIMG5779.jpg

音楽はとっても良かったのですが、この時点(9時くらい)で既に腹ペコ。
私たちはここでハンバーガー程度の軽食を食べられると思っていたのです。
すきっ腹にビールでは効いてしまうし、外に出ても再入場可能と確認していたので、5曲くらい聴いたところで近くにあるido sushiというレストランに食べに行きました。

以前、この近所にあるido sushiの前を通った時にちょうどオペラ歌手の人が歌っていて、いつか来ようと言っていたお店。
外から何の演奏か確認すればよかったのですが、中に入ったら昨日はジャズトリオの演奏でした。
旦那くん、オペラが聞きたかったようで残念。私もがっかり。
演奏が終わった後で日本人のピアニストの人と少しお話できました。
以前はFAT CATでも演奏されていたそう。ido sushiでは毎週金曜に演奏されているようです。
こういう出会いも楽しいです。
焼うどんやお寿司を数種類食べましたよ。(若干、値段が高かったような気がします)
CIMG5784.jpg CIMG5783.jpg

ウッドベースとピアノ、ドラムでしっとりとしてジャズを聴くことができました。
CIMG5782.jpg CIMG5781.jpg
記事と関係ないのですが、トイレに山本山のカレンダーが。
紅葉があまりにきれいで見とれてしまいました。

ido sushiからFAT CATに戻ったら今度はジャズバンドに変わっていました。
お客さんの数も増えていました。
ステージ近くの席はほぼ満席、あーどうしようと思っていたらさっき座っていたのとは別のソファ席がちょうど空いたので、そこに座りました。
今度はステージのまん前、2列目です。
ido sushiでもビールを頂いたので今度は2人で1杯だけワインにしました。
今度はボーカルが入っていないバンドだったのですが、これもすごい。
やはり臨場感あふれる生演奏は良いです。
CIMG5788.jpg CIMG5791.jpg

お客さんもリラックスしながらそれぞれの楽しみ方をしています。
面白かったのが、私たちの前にいた人たち2人。
トランペットの演奏が始まると同時に、一人が耳に何かをグイグイ差し込んでいる様子。
隣の人も耳元をグイグイ。
よーく見てみると耳栓が
トランペットの音が高く、マイクも通っていたので分からないこともないのですが、最前列でそれって。。。
ビックリしました。

何曲かの間、しばらく自分の世界に入ってジャズを聞いて楽しんでいたら、なんと旦那くんが隣でウトウトし始めました
毎日仕事でお疲れだから仕方ない…
これ以上申し訳なかったので、切りの良いところでお店を後にしました。

でも、本当に本当に楽しかったです。
しかも、3ドルって!!お安いですよね
他にもミュージークチャージ無料のところもあるようですが、私の中では、また行きたい、(音楽好きの)誰かが来たら連れて行きたいお店に入りました。

最後になりましたが、お店の様子です。
CIMG5797.jpg CIMG5796.jpg

それと店内に入るときのスタンプと手首に巻いてもらったチケット。
CIMG5803.jpg旦那くんの手ですが…。

FAT CAT JAZZ CLUB外観。
CIMG5800.jpg CIMG5799.jpg

Tony Bennett DuetsⅡ

Category : NY-音楽
こちらに来て日本の音楽も聴きますが(でも耳に入る日本の音楽が減って更に新曲、新人には疎くなっている)、スーパーとかで耳に入る(たまにヘッドフォンの大音量の音漏れもある…)音楽はやはり英語の曲。
何度も聞いていると「あー人気があるんだな、この曲」→「誰が歌ってるのかな?」→「あーこの人が歌っているんだー」という風になります。
学校で知り合った先生や友達とSNSでやり取りをしていると、彼らの勧める曲も当たり前ながら英語の曲やそれぞれの母国の曲。

そのSNSで知ったのは記事のタイトルにもあるトニーベネットという人。
レディーガガやエイミーワインハウスと言った話題の若手とデュエットしているのを聞いて(youtubeで見たのだけれども)、「あーこの人の曲もっと聞いてみたいな」と思った。
この方をそれまでは全然知らなかったのだけれども、声量、表現力豊かなジャズシンガーでポピュラーソングも歌うそう。
グラミー賞も授賞したことがあるとか。

wikipediaを読んで知ったのですが、この方、御年85歳。
柔らかく艶のある声です。
フランクシナトラに「金を払ってでも聴きたいのは彼の曲だけ」と評せしめた人物らしいです。

もっと聞いてみたいと思ったので、アルバムを購入してみました。
マライヤキャリー、シェリルクロウ、フェイスヒル、ノラジョーンズ、ナタリーコールなど洋楽全般に詳しくない私でさえ知っている人たちとの曲も入ってます。

興味を持った方、是非是非聞いてみてください。
とりあえず私が知ったきっかけになった曲のビデオクリップです。→ザ・レディ・イン・ザ・トランプ トニーベネット&レディーガガ

106.7 Lite FM New york's christmas station

Category : NY-音楽
昨日、クリスマスソングばかりやっているラジオ番組をたまたま見つけました。
聞いていた2時間中ずっとクリスマスソングばかりだったのでクリスマス番組だと思っていた。

今日またそのラジオ局 (106.7 Lite FM)の放送を聞き始めて3時間くらいたつけれどまだクリスマスソングばかりやっている。
調べてみたらどうやらNew yorks's Christmas station 106.7 Lite FMというラジオ局らしい。

ジョンレノンの"Happy christmas"、Whamの"Last christmas"、他にも"Let it snow"、"Winter wonderland"、"Rudolph the Red-Nosed Reindeer"(邦題 赤鼻のトナカイ。今調べて知りました・・ハイ。)他にも聞いたことのある曲も聴いたこともない曲もクリスマス気分を盛り上がる様な曲ばかりが流れています。
飽きることなくずっと聞いていますがクリスマスソングって温かい気持ちになりますね

でも、クリスマスの時期以外は何をしているのでしょう・・・、この放送局は。

プロフィール

ミモザ

Author:ミモザ
いつもこのブログを見てくださってありがとうございます。

あとどれくらいで帰国かなーと思いながらも毎日楽しく(時にはカルチャーショックを受けながら)暮らしてます。
趣味はうろうろすること、最近サボりがちですがTHE BOOMの音楽を聴くことと、ヨガ。
おいしいものを好きな人たちと食べたり飲んだりすること。

もしこのブログ見て、この人知ってると思ったNY在住の方、ブログ書いてる?と聞いてくださいね♪

またつたないブログですが、無断の転載はお断りします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
UNIQLOCK
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。