スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラジル Rio de Janeiro-2

Category : NY-旅行-ブラジル
ご無沙汰しております。
ちょっと、忙しくて…と言うより、外出するのにはうってつけの季節になり浮かれていました
友達の誕生日をお祝いしたり、同じアパート内の子のおうちに遊びに行ったり、夏に行われるブライアントパークのヨガに参加したり、夜に散歩に出かけたりと色々。
夜の散歩と言えば昨日セントラルパークに8時過ぎから2時間くらい散歩に出かけたのですが、月がきれいに見えましたよー。
IMAG0456.jpg IMAG0460.jpg携帯での写真です。
木立の隙間から覗く月がなんとも怪しげ。
月明かりで周りの雲と空が照らされてきれいでした

Strawberry fieldsそばで蛍らしきものも見かけたけれど本当に蛍かな、一瞬のことだったので写真はありません。
旦那くんも見たのでたぶん間違えはありませんが。


しばらくぶりのブラジル旅行記。

友達と別れ、コパカバーナビーチへ。
夜のビーチ、ホテル沿いだからか観光客が沢山歩いていました。
サッカーとバレーボールを足したスポーツをする人の姿も。
明らかに女子チームの方が上手で見ている人たちからも歓声があがる。
1rio14.jpg
DSC_0129_20120605000503.jpg

他にもビール片手にギターで歌を歌うグループもいたりして、夜の散歩も楽しい。

次はトム・ジョビン(アントニオ・カルロス・ジョビン)が通ったことで知られるお店"Garota de Ipanema"(ガロタデイパニマ)へ。夜だったので念の為タクシーにて移動。
1rio10.jpg

ビール、カイピリーニャ、パイナップルとバナナのピザ、クラブケーキ(だったかな…?)で遅めの夕食。
ピザはパイナップルとバナナの甘さとチーズのしょっぱさでバランス良し。
でも特に人にお勧めするようなものでもなく。。
1rio12.jpg
CIMG5857.jpg CIMG5855.jpg CIMG5845.jpg
〆のコーヒー。エスプレッソ。
普段はエスプレッソコーヒーを飲まない私ですが旅行中はちょくちょく飲んでいました。
CIMG5860.jpg

もちろん他にもワインもありました。
CIMG5861.jpg

このお店も私達の両親の世代にはブラジル人の間でも流行っていたそうだけど、今は観光客が大多数と友達が言っていた。それでもお隣の席は家族で食事していたし、流行っているみたい。
あ、ちなみにこちらの店員さんもほとんどポルトガル語しか話しません。
英語が(私達も片言に近いけど)通じる店員さんがいて助かったー。
1rio11_20120605001845.jpg

このお店の道路を挟んで隣には人気グループが出演することもあるバーVinicius Barが。
この店名のヴィニシウスはイパネマの娘の作詞家の名前らしい。
ちなみに案内してくれた友達のお兄さんもヴィニシウス。
両親が彼の名前からとったらしい。
CIMG5853.jpg
次回行くことがあったらこちらのお店にも行ってみたい。

と。。この時点で既に12時を過ぎていたのでお店前からタクシーに乗りこみホテルへ帰ったのでした


スポンサーサイト

ブラジル Rio de Janeiro-1

Category : NY-旅行-ブラジル
先日タイムズスクエアに行ってみるとオリンピックのイベントで、カメラやら取材の人やらがわんさか。
赤いトレーナーを着たお兄さんから「この人と一緒に写真をとってほしい」と頼まれ、パチリ。
その人が誰かわからなかったので、お兄さんに「あの人誰?」と聞いてみると「カールルイスだよ」と。
なんだか悔しいのでサインだけはもらおうと、粘ってみました。
粘って待ってみたところ、サインをもらえました。
更に写真も一緒に、と粘ってみましたが、思わぬ寒さのためあきらめました。。

本当はこのイベントを見に行ったのではなく、毎朝タイムズスクエアのスタジオから生中継しているテレビ番組にルーシーリュー(アリーマイラブやキルビル、チャーリーズエンジェルに出ていた中国系アメリカ人の女性)が出ていたから行けば見られるかなと思って。
少し待ってみたけど、どこから帰りの車に乗るかとかわからないのであきらめました。


さて本題のブラジル1日目。
到着は朝の8時10分。
入国審査の後、空港のDFSでお友達へのお土産の追加としてVictoria's seacretのセットを購入。
ここは何故かアメリカドルで買い物ができました。

そこからフレコンと呼ばれるバスに乗り、一路1泊目宿泊のJW Marriottのあるコパカバーナビーチへ。
結構時間がかかり、しかも運転手に言われたところでバスを降りると、400メートルくらい離れた場所だったらしく暑い中歩き11時にホテルにチェックイン。

このホテルの私達の部屋はこれまでに泊まった中で最小サイズの部屋。がっかり
窓はあるけど、ロビーの吹き抜けが見える窓。せっかくのビーチサイドなのに海はほんのちょっと。
あまりに残念で、このホテルには帰って寝るだけだと割り切りシャワーを済ませブラジル人のお友達に「着いたよー」と電話をし12時にロビー待ち合わせの約束をしました。

ロビーで落ち合い、彼女の運転でドライブへ出発です

まずは昼ごはんを食べるためにレストランのあるイパネマに連れて行ってくれました。
お昼までイパネマビーチをお散歩。
これでもお隣のコパカバーナビーチよりは人が少ないらしい。
着いた時は曇っていたけれど、だんだん快晴に
晴れると海がきれい!
ipanema
ipanema
ipanema

レストランに戻ってみる。
少し待ったら呼ばれたので、遅めのお昼ご飯に。
まずはパステルと呼ばれている塩漬けの牛肉をパイ生地で包んだ揚げ餃子。
Astor
ストロガノフ。
ブラジルではサワークリームや普通の生クリームを使わずCreme de Leiteと呼ばれている濃い生クリームを使うそう。普通のビーフストロガノフよりまろやかな味。おいしかったなー
これを細く切って揚げたフライドポテトにあわせて食べるそう。(高カロリーですな
Astor
バカリャウ。
(塩漬の?)干しだらを野菜と煮込んだお料理。ブラジルのカソリック教徒は復活祭前は赤身のお肉は食べず、このバカリャウを食べる習慣があるそう。
Astor
友達が連れて行ってくれたのはこのお店Astor

バーハビーチ。
こちらは夕方に近く、曇っていたからか人が少なめ。
友達が言うには、こちらはイパネマ・コパカバーナビーチに比べると観光客も少なく静からしい。
これで晴れていたらきれいなんだろうなー。
ipanema
Barra

この後、本当はポンジアスカール(英語ではシュガーローフ、砂糖パンと呼ばれる山)に連れて行ってくれる予定でしたがお昼ご飯に時間がかかったため断念して他の場所にドライブに連れて行ってもらいました。

イパネマにある大きな湖、ロドリゴ・デ・フレイタス湖(ラゴーア)を車で1周。
ここは友達が結婚式をあげた会場がある場所、彼女にとっても思い出深い場所らしい。
昼間は湖周辺の緑を楽しみつつコルコバードの丘にそびえたつキリストをのぞむことができ、夜は屋台やレストランが出る場所みたい。
この日は満月翌日で、本当にきれいなハチミツ色の月を見ることができました。

また、ファベーラと呼ばれる貧しい人たちが住む場所が高台にあるのですが、その明かりもきれいに輝いていました。
高台の見晴らしの良い場所に所狭しと家が建っていました。

この日最後にはスーパーに連れて行ってもらいました
色々見て回るのは楽しいですねー。
友達も同感のようで、色々教えてもらいながら買い物しました。
その結果、買った物は、果物2種類、ブラジルと言えば!のコーヒー、そしてブラジル産のワイン、ビール。
果物は日本、ここNYでも見たことのない2種類。旦那くんが見つけました!
スーパーめぐりは旦那くんも好きなので助かっています。
黄色い実はカシューナッツの実。
私達が普段食べるナッツは黄色い実の上になっています。見えますか??
赤い実はアセロラみたいなものと言っていました。名前を忘れてしまったわ
fruit fruit
カシューの実の味は…うーん、苦くてほーんの少しだけ甘みが感じられて…私はあまりおいしいと感じませんでした。
友達のお母さんにそれを伝えたら、「ジューサーにかけてフルーツジュースとして飲む」と言っていましたが、それならおいしいかもしれません。
赤い実は、なすとか瓜系の食感で、ほんのりすっぱく甘味もある味で、こちらのほうが好きでした。

ビールは左の3本はリオのもの、右の2本はサンパウロのもの。
リオ出身の友達はやはりリオのものが好きらしい
どちらもおいしかったけれどもね。
買い物 買い物 買い物
真ん中の写真の透明なボトルはカシャーサと言われるブラジル特産のサトウキビの絞り汁を使った蒸留酒。
これにライムジュース(他のフルーツに代えてもおいしい)と砂糖と氷を加え混ぜたものがカイピリーニャ。
シンプルだけどおいしいカクテル。
右の写真、透明なボトルは甘いデザートワイン、お隣はスパークリングワイン。

ワインとカシャーサはNYに持って帰ってきましたー。
これから夏にピッタリだわ、楽しみ

ここでホテルに荷物を置きに戻り、解散。
この後、夕食に向かいましたー。
ながくなってしまったので、それはまた後日(笑)

ブラジルへいざ出発

Category : NY-旅行-ブラジル
ブラジルから帰ってきた翌日、こちらは30度にもなったようです。
「30度にもなったようです」と他人事なのは、暑いなーと思いながらまさか30度になっているなんて考えもせず昨日一日を過ごし、夕方には若干体調が悪くなり、疲れてるから仕方ないなと思っていたんです。
妹から30度だったんでしょう?とメールをもらっても、なんのことやら
同じ階に済む女性に「今日も暑いのかしら?昨日は異常だったわね、86度だったのよー」と言われ、妹の言うことがほんとだったんだーと状況を呑み込む始末。。
ブラジルも暑かったから仕方ないねー


ラスベガス旅行記も終わっていませんが、ブラジル旅行記始めます

出発当日、旦那くんは出社。
夜の21時30分のフライト=遅くとも18時に家を出れば飛行機に乗れるだろうという目論見。
17時前に少し会社を早めに出て帰ってきてくれました。
そこから最終パッキングの開始。
結果、19時前に家を出て前に40分で空港に着いたことがあるから、とタクシーに乗る。
帰宅ラッシュで交通量が増え、更には連休前、空港まで1時間30分かかってしまい着いたのは20時30分
タクシーの運転手はイライラ。
おまけに道の途中私達のタクシーが、ある車の前にさっと入ったら、その後ろの車が嫌がらせでフロントライトを上に向けてきました。
それだけなら良いのですが、渋滞している中、私達の車の隣を常に走り、その車の前に車間ができ、タクシーが入ろうとすると、入れないように妨害を繰り返してきました。
タクシーの運転手さん、さすがはプロ。
隣から覗き込まれていようが、妨害されようが完全無視です。
そうこうしているうちにその車とはおさらば。

さーまずいです!一応航空会社は国際線の場合、出発3時間前には空港に着くように勧めています。
が!私達が空港に着いたのは出発1時間前
パソコンから事前にチェックインができなかった(日本人はブラジル入国に際しビザの確認が必要だから?)ので、空港の機械でチェックインを試みる。
いつものようにはいかずチケット発券に係員の確認が必要なのでいつもより時間がかかる。
日本であれば発券する時点でチケット内容をチェックして、「あなた達は時間が迫っているから、どこに行きなさい」と的確な指示をくれると思うけど、それもなし。と言うか、私達が聞く必要があったのか。。
そうこうしているうちに機械そばの荷物預け入れのカウンターが閉まる。

唯一動いていた隣のカウンターを見ると、家族連れ4人の列が荷物を預け始めている。。。
1人2-3個は預け入れできたから、その家族の荷物は多く見積もって12個くらいはあったかもしれない。
待っていると、今度はその家族に更に2人加わり、カウンターのおじさんは楽しそうにのんびり作業をしている。。。。
なかなか列が進まず焦ってイライラしていると、列に横入りしそうになっている2人連れが来たので旦那くんが、「こっちに並んでますよ」と声をかける。

その間に、もともと私達が発券した機械のそばのカウンターがいつの間にか再度オープンしている。。。
なんなんだろうか、このシステム。

その人たちも前の家族連れにちょっと困っていて、「この今のシステムより前のシステムの方が良いわね」と会話を交わした。
チェックインの大半が機械に変わる中、移行期と言うこともあり、結局数台の機械に1人係員がついている。
今のところは顧客へのサービス改善より、航空会社の経費削減でプラスとしか思えない。
そうこうしていると後ろのカウンターが空き、その人たちがカウンターの人に声をかけてくれて「この人たちずっと並んでるのよ」と私達の状況を伝えてくれた。

そこからが早い!
荷物すら預けられていないのに、この時点で既に出発時刻40~30分前くらい。
チケットをそのカウンターに見せると、「これは!(まずい)」という顔で近くにあったファーストクラス専用チェックインカウンターに連れて行ってくれた。
要は、普通に並んでやっていたら、荷物預け入れに間に合わないと言うことらしく、「マネージャーに確認するわ」と即動いてくれた。
その結果として無事に荷物を預け入れすることができ、その後の出国審査も順調に進み、ターミナルが小さいのも手伝って移動距離が短かったのでラストコールより早く搭乗口に着き、予定の飛行機に乗ることができました。

この先がちょっと思いやられる。。。
くわばらくわばら。
今後は空港到着時間をきちんと(少なくとも2時間前には到着)守りたいと思います

ブラジルへ

Category : NY-旅行-ブラジル
明日6日金曜日はグッドフライデーでお休み。
8日はイースターです。
今年も5番街で行われるイースターパレードが見られない…

ところで、今晩からブラジルへ旅してきます。
リオデジャネイロ、サルバドール(バイーア)、イグアスの滝、サンパウロをまわります。
行きたい場所だったのでとってもウキウキ。
リオとサンパウロはブラジル人のお友達が案内してくれることになったので、少し安心です。
ブラジルは(ブラジルに限ったことではありませんが)あまり安全ではないと言われているので、十分用心、警戒しつつ無茶しないで、楽しんできます。

個人手配で旅行すると決めたものだからここ1ヶ月は大変でした。
ブラジルに行くには日本人は観光ビザがいるし、まずそれを申請するにはブラジルに行く航空券が必要だし、意外に行こうとしている各都市の情報が少ないし本当に大変でした…。
それに重ね、私は優柔不断。
あとから全部旅行代理店に任せれば良かったとかなり後悔しました

いろんな旅行記を書けていませんが(ラスベガスも途中)、新しい旅をしてきます。
行ってきます
プロフィール

ミモザ

Author:ミモザ
いつもこのブログを見てくださってありがとうございます。

あとどれくらいで帰国かなーと思いながらも毎日楽しく(時にはカルチャーショックを受けながら)暮らしてます。
趣味はうろうろすること、最近サボりがちですがTHE BOOMの音楽を聴くことと、ヨガ。
おいしいものを好きな人たちと食べたり飲んだりすること。

もしこのブログ見て、この人知ってると思ったNY在住の方、ブログ書いてる?と聞いてくださいね♪

またつたないブログですが、無断の転載はお断りします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
UNIQLOCK
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。