スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここでも角煮

Category : 料理
年末からお正月にかけ、友達や旦那くんの同僚の人たちとご飯を食べる事が増え、しかもそのうちの何回かはPotluck party(持ち寄り)だったのでサンクスギングデーから立て続けに3回作ったものがあります。
それは豚の角煮。

その中で、日本人4人+韓国人、ブラジル人、イタリア人それぞれ1人ずつで各国の料理を持って集まった時がありました。
日本人の友達3人はそれぞれサーモンとアボガドの巻き寿司、餃子、フォンデュ、カスタードクリームを用意。
IMAG0129.jpg

ブラジル人の友達はポンデケージョとブラジルのチョコ菓子を用意。
IMAG0130.jpg IMAG0131.jpg

イタリア人の友達はパネトーネを用意してきてくれました。
パネトーネの写真を撮り忘れてしまった…。

そんな中で私は豚の角煮と俵むすびを用意していきました(大きい写真に写っていますよー)。
ブラジル人の友達とは先日ブラジリアンレストランへ行った時、脂身を取り除いてい食べていたので、角煮は食べられないかもと思っていました・・・。
そんな心配は何のその、おいしいと言って食べてくれました。

お互いもちろん英語は流暢ではないのですが、それでも楽しいものですね。
その中でも、それぞれの国から海外に行ったときにすりに合いかけた話や危ない話も出て興味深かったです。(私は幸い、そのような目には遭っていないです。)
たわいもない会話ですが、楽しく6時間くらいおしゃべりしながら食べて飲んでをして過ごしました。

ちなみに角煮はいつも、知花くららさんの本”てーげーでいこう!”の中のおばあちゃんのレシピで作っていますが、角煮って結構簡単にできるんだなーと思いました。
しかもおいしい!!!(自画自賛
スポンサーサイト

セビーチェ

Category : 料理
冬のニューヨーク、クリスマスに向けたイルミネーションがとてもきれいです。

いくつかのイルミネーションを撮ったので載せますね。
Load & Taylorのショーウィンドー。
IMAG0086.jpg IMAG0085.jpg
このデパートの他にもMacy'sやBloomingdale's、Hendi Bendel、Saks Fifth Avenue、Bergdorf Goodmanのショーウィンドーも飾られています。
ティファニーをはじめ、5番街のブランド店もきれいでしたよー。

ロックフェラーセンターのクリスマスツリー。
IMAG0067.jpg IMAG0065.jpg
このツリーの他にも、ブライアントパークやリンカーンセンターにもクリスマスツリーがあります。

Radio city hall近くの風景。
IMAG0073.jpg
手前にある赤い丸のオブジェは去年と同じでした。鈴かしら??


秋ころにペルーから来た友達に教えてもらったペルービアンセビーチェ。記事はこちら→
旦那くんとアッパーウェストサイドのCitarella(シタレラ)近くを散歩中、旦那くんから「セビーチェ食べたい」とリクエストがあったのでシタレラにてセビーチェに良い魚を店員さんに選んでもらってセビーチェを作りました。

レモンと塩、チリソース、魚、玉ねぎ、パクチーという香草のみで作りましたが、やはりおいしい。
IMAG0079.jpg

作り方
1.レモンを絞る。(小さめのレモン4個分。)

2.玉ねぎを食べやすい大きさの角切りにする。

3.魚も同様に角切り。

4.パクチー以外の材料全部をボールに入れ混ぜます。

5.冷蔵庫で寝かせる。
20分冷蔵庫で寝かせる、とレシピにかかれていますが、新鮮な魚か判断できないので(新鮮な魚を売っているCittalelaという店で買いましたが)1時間程度じっくり寝かせました。

6.食べる直前にパクチーを入れて混ぜたら出来上がり。
*ちなみにチリソースがなかったので、サンバルソース(バリで買ったニンニクと唐辛子のソース。)で代用です。

このセビーチェはレモンの酸味を和らげるために、さつまいもやとうもろこしなど甘味のあるものを添えて食卓に出すことが多いようです。
今回は甘味のあるものを用意しませんでしたが、十分楽しめました。

この他にも、ムール貝を買ってきてムール貝のワイン蒸しなどいろんな料理を楽しんでみようかなーと言う気持ちが沸いてきました。
先日買ったルクルーゼの耐熱皿も活躍中です。
マッシュルームに、刻んだ野菜を入れチーズをのせて、塩コショウしてオリーブオイルをかけてオーブンで焼いたり、芽キャベツに塩コショウしてオリーブオイルをかけて焼いたり。
手羽元もじっくり時間をかけてそんなに高くない温度でトマトスープなどスープに入れてオーブンに入れれば、ほろほろ柔らかく食べられます。
部屋の中も暖かくなるのでこれからの季節、オーブンが大活躍しそうです。

ペルー料理 + hot yoga

Category : 料理
夏が終わり、朝晩が冷え込み始め、スーパーの店内にはいろいろな大きさのかぼちゃが売られ、一気にハロウィンが近づいてきています。
このアパートは"trick or treat"と回って来るのかしら?

あ、ちなみに先週暖房(セントラルヒーティング)が入り始めました。
でも先週から今週中ごろまでは外の気温も高く、暖房がついていることで部屋の中の温度が急上昇。
暑くて窓を開ける始末。
先週以前が寒く、暖房が必要だったのに…(同じ境遇の友達のアパートは暖房が入っていたらしい)
一方、私が住むビルの共同スペース、公共交通機関のバス、電車ではまだガンガン冷房がかかっています。
この温度調整の仕方、何かがおかしい


先週、学校の友達にペルー料理のセビーチェとコーンブレッドを作ってもらい(本当は料理教室だったと思うのだけれど、ほとんど本人が作っていた)、その後食事をしてきました。
その友達はペルー出身で、大学で2年ほど料理の勉強をしていたそう。
でも、練習、ノートをとるの繰り返しばかりで途中で学校をやめてしまったらしい。

包丁さばきも良く、人参なんかも手元を見ずにサクサク切ってましたよー。
本当に手際が良くって、それに比べたら私って…まだまだまだまだまだまだ修行が必要です

ビックリしたのがビーツという野菜を生で食べれること。
前に食べた時は茹でていたのか柔らかくデザートみたいに甘かった。
ブラジル人も良く食べるといっていたけど、私はニューヨークに来てからデリで見かけ何だろうと思って試してみたのがきっかけ。
でも、先日食べたのは生でしゃきっとした歯ざわりで甘さも控えめでした
千切りにして人参と細かく切ったオリーブと一緒に混ぜ、ニンニクのドレッシングと和えればおいしいサラダの出来上がり。
ビーツは人参と千切りをして、おろしたニンニク(包丁を使って削るようにおろしていた)と塩、オリーブオイル、レモンジュースのドレッシングで和えました。
ビーツは血液をサラサラにして良いよーと言っていました。

ビーツは、外見は二十日大根(ラディッシュ)よりもう少し濃い赤で、中身も外に負けない強烈な赤。
まな板の上で切っていたら、まな板にその赤が残ってしまうくらい赤い。
ボルシチに欠かせない野菜らしい。

そしてもう一つ、自分ではやったことのないこと。
ホールフーズ(刺身にできる魚は売っていない)で買ったティラピア(鯛の仲間?)という魚を使いをレモンジュースでしめてペルー風のセビーチェという料理(サラダと言うよりマリネと言うのかな?)にして食べたこと。
なんだ普通じゃないと思われるかもしれませんが、刺身用の魚ではない魚に火を通さず、ライムジュースにつけて冷蔵庫に寝かせただけの料理なんです。
私はいつも刺身用ではない場合は火を通していたので、そのままライムジュースでしめていたのにビックリしました。
これには周りの日本人の友達もこれにはビックリ!
後でおなか痛くなったらどうしよう?と日本人は思っていましたが特にその話を聞かないので大丈夫だったみたい。

作り方は
ライムをしぼりジュースにしておき、ティラピアと玉ねぎを同じような大きさに角切り(さいころ型)。
それをライムジュースに塩(とチリソース、ペルーではAji amarilloと呼ばれている黄色の唐辛子、辛味は少ないらしい)を加えたものに足して混ぜて冷蔵庫で20-30分寝かせる。
寝かせた後にパクチー(こちらではcilantroと呼ばれています)を足し、盛り付けです。
盛り付けはレタスの上に置き、横には茹でたサツマイモとジャガイモを添えていました。

最後のメニュー、コーンブレッドは、初めて食べるコーンブレッドでした。
今までは中に何も入っていないパンみたいなコーンブレッドでしたが、今回はそれではなく、牛挽き肉と玉ねぎ、パクチーなどをいためたものと、とうもろこしをミキサーなどで粒を砕いたものに牛乳、砂糖、卵などを混ぜ加熱して柔らかくしたものを交互に重ね、オーブンで焼いたものでした。

ペルー人のお友達と、学校のそばに住むお友達が場所を提供してくれたおかげでおいしい料理をいただきました。
今度は白ワインと一緒に食べられるように、家でも作ってみたいと思います。

今回の料理、盛り付けもよく見た目も本当においしそうでした。
でも、写真がありません。。。
この後ホットヨガに行く予定でいて、荷物を置ける場所に鍵がかかるか分からなかったのでカメラは持って行きませんでした。

お料理を頂き、片付けもそこそこに友達2人でお先にヨガスタジオに向けて出発したのでしたー。
食後1時間以内にホットヨガを1時間半やるという結構無茶苦茶なことをしましたが、それまで数日胃もたれしていたのも治り、元気になりました。

場所を提供してくれた友達、片づけをしてくれた友達、料理を教えてくれた友達みんなに感謝します
今度はこれをどうやって還元しようかしら。
まずは身近な旦那くんに作ってみようかな。
プロフィール

ミモザ

Author:ミモザ
いつもこのブログを見てくださってありがとうございます。

あとどれくらいで帰国かなーと思いながらも毎日楽しく(時にはカルチャーショックを受けながら)暮らしてます。
趣味はうろうろすること、最近サボりがちですがTHE BOOMの音楽を聴くことと、ヨガ。
おいしいものを好きな人たちと食べたり飲んだりすること。

もしこのブログ見て、この人知ってると思ったNY在住の方、ブログ書いてる?と聞いてくださいね♪

またつたないブログですが、無断の転載はお断りします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
UNIQLOCK
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。