スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レ・ミゼラブル

Category : NY-映画
ヤンキーススタジアムツアー、面白かった~
旦那くんを含む男性陣も大興奮!
にわか野球ファンの私でさえ楽しめたから、野球の好きな人はもっと楽しめると思う。

だって、選手が試合中に座っている席にも行くことができる!
選手が試合中にグローブや帽子?など入れている棚に自分の荷物を入れてみたり、バットを入れている場所を覗いてみたり、席に座ってみたり…監督が選手交代とかの時に使ってる電話を見つけてみたり。
ガイドがついてくれていろんな話を聞けるし、普段はとても手が届かないスイートルームなどにも案内してもらえて大満足(まぁ、球場の座席の宣伝とも言えるが)。
気が向いたら(笑)後日レポートします。


さてさて、もうかれこれ1ヶ月くらい前になりますが友達と3人で映画レ・ミゼラブルを見てきました。

小さいころに1度、本を読んで以来であらすじも読まず映画を見に行ったのでさあ大変。
となるかと思ったら、意外や意外、話がわかりやすかったので話はわかりました。
英語は…せりふがほとんど(全部だったかな?)歌だったので難しかったです。
英語を理解できたというより、話がわかりやすかったいうレベルです。
もちろん細かいことはわかっていません。
ただ、Mission Impossible3を見たときよりは英語がわかりやすかったように感じました。

全編薄暗い感じの映像で、この映画、灰色だ…と最初に思ってしまったくらい。
昔のフランスには本当にこんな場所があったんだろうか?と疑いました。
その時代の政策に不満を持った人たちの鬱々とした気持ちを表現したような暗い空、雨、街並み。
時代背景をわかって見ていたら、その薄暗いシーンを嫌にならずに見られたのかしら。
暗いシーンが多いなぁと思ってみていましたが、思わず笑ってしまう場面もありました。
英語がもっとできたらその場面は面白かったんだろうなぁ…。

このお話、本だと相当ページ数があるらしいですね。
英会話のパートナーがそう教えてくれました。
私が読んだのは小学生の頃だったと思うので簡略版だったのでしょうが、今インターネットであらすじを探してみると、本を読んでなんとなく覚えている話と映画で理解できた部分以外にも、色々知らない話があるようです。
奥が深い。
日本語でも見てみたいけど、少しは理解できるのだろうか…。

この映画を見た友達から、面白いというか、なんでそこで笑う人がいるの?という話を聞きました。
ある配役の人がダムに身を投げるシーンがあるのですが、そこでダムのコンクリートに体が当たった音が映画の中で聞こえるのですが、そのシーンで大爆笑が起こったそう。
え・・・・・?
私は、聞きたくなーい!と思いましたが、なぜ大爆笑なのか???

話が変わりますが、オスカー賞では助演女優賞をアンハサウェイが受賞し、主演男優賞にヒュージャックマンがノミネートされていましたね。
またオスカーの授賞式では、レ・ミゼラブルでのメインキャラクターが揃い舞台上で歌を披露していました。
007 Sky fallの主題歌を歌ったアデルもかなり迫力がありましたが、やはり大人数での歌は大迫力!
映画のシーンを思い出しながら聞くことができました。

さぁ、今度は何を見に行こうかなー。

Comment

非公開コメント

プロフィール

ミモザ

Author:ミモザ
いつもこのブログを見てくださってありがとうございます。

あとどれくらいで帰国かなーと思いながらも毎日楽しく(時にはカルチャーショックを受けながら)暮らしてます。
趣味はうろうろすること、最近サボりがちですがTHE BOOMの音楽を聴くことと、ヨガ。
おいしいものを好きな人たちと食べたり飲んだりすること。

もしこのブログ見て、この人知ってると思ったNY在住の方、ブログ書いてる?と聞いてくださいね♪

またつたないブログですが、無断の転載はお断りします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
UNIQLOCK
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。